×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY
















 
HOME»  日本刀»  【販売済】刀 銘 肥前住心改作  【2尺3寸9分 鞘払912g・樋あり】 YKI-04

【販売済】刀 銘 肥前住心改作  【2尺3寸9分 鞘払912g・樋あり】 YKI-04

国・時代

昭和63年

スペック

刃長 72.3㎝(2尺3寸9分) 反り 1.7
1 刃文 互ノ目
元幅 30.7㎜ 元重 5.7㎜
物打幅 24mm 物打重 4.4mm
横手幅 23.2mm 横手重 4.3mm
裸身 648g 鞘払い 912g

備考:
柄 8寸3分 縁4.㎝ 頭3.5㎝
付鍔 99g
付属:現代拵え

  • 【販売済】刀 銘 肥前住心改作  【2尺3寸9分 鞘払912g・樋あり】 YKI-04

  • 販売価格

    0円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 状態評価 1 2 3 4 5
    重心 
    2.5
    先(切先) やや先 中間 やや手前 手前(鍔)
    斬り 
    3
    竹斬り 藁竹両様 藁斬り 藁良斬り 藁特良斬り
    刃音 
    3
    樋なし 音弱い 音並 音良い 音特良い
    鑑賞 
    2
    要鑑賞研ぎ ヒケ、鍛傷、 うす錆有 ヒケ、鍛傷、 うす錆少有 ほぼキレイ >研ぎ上げ済
     
    3
    要工作修理 巻きほつれ有 使用可能 使用感有 新工作済
     
    3.5
    要工作修理 ひび割れ少 塗り少傷
    小へこみ有
    鯉口内傷有 新工作済

    ■コメント
     

    「肥前住心改」刀匠は佐賀県にて鍛刀された刀工で「肥前國忠寿」とも銘を切る。師は父である「白龍子忠孝」。

    「心改」銘のものは特によく斬れるといわれ、居合・試斬用としても人気高く、まさに隠れた業物といえます。地刃共に働き多く、真面目な一振です。

    現状差し裏の物打ちから切先にかけて白薄錆あり(画像参照)、またハバキもと表裏に錆を落としたような、擦り跡あります。

    武用に使用するなら問題ありません。地刃の働きが良いので研ぎを入れて鑑賞にも良いです。

    鎬造り、庵棟、地肌/板目に杢交じり。刃紋/互の目丁子。 鋩子/乱れこみ掃きかける。外装/鍔は時代物菊図。目貫/花車図。縁頭/現代肥後山道
     
     




     




















     








     
     

    ※スペックについては手計の為、多少の誤差があります。

    ※元幅はハバキのすぐ上を計測、物打は切先から約20cmで計測しています。斬りについては体配についての評価です。刀の状態によっては試斬研ぎを必要とする場合があります。(別途相談)

    ※状態評価については店主の主観です。状態を保証するものではありません。
    ※鍔の変更による重心移動、樋の深彫による音の改善、重量軽減、柄の変更、鞘塗、鑑賞研ぎ、居合研ぎ、試斬抜刀研ぎ等、各種ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。