×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY
















 
HOME»  日本刀»  刀 銘 二十七代 兼元  昭和五十年五月吉日 【2尺5寸 鞘払1120g・樋あり】 MKI-34 居合向き 本体価格39万円

刀 銘 二十七代 兼元  昭和五十年五月吉日 【2尺5寸 鞘払1120g・樋あり】 MKI-34 居合向き 本体価格39万円

国・時代

昭和 美濃国(岐阜県)

スペック

刃長 75.7㎝(2尺5寸) 反り 2.0
1 刃文 互ノ目丁子
元幅 33.5㎜ 元重 7.5㎜
物打幅 25mm 物打重 6mm
横手幅 22.5 mm 横手重 5 mm
裸身 839g 鞘払い 1112g

備考:
柄 8寸6分 26㎝ 縁4.0㎝ 頭3.6㎝
付鍔 101g
付属:打刀拵え 
 

  

  • 刀 銘 二十七代 兼元  昭和五十年五月吉日 【2尺5寸 鞘払1120g・樋あり】 MKI-34 居合向き 本体価格39万円

  • 販売価格

    429,000円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 状態評価 1 2 3 4 5
    重心 
    1.5
    先(切先) やや先 中間 やや手前 手前(鍔)
    斬り 
    2
    竹斬り 藁竹両様 藁斬り 藁良斬り 藁特良斬り
    刃音 
    4
    樋なし 音弱い 音並 音良い 音特良い
    鑑賞 
    2.5
    要鑑賞研ぎ ヒケ、傷、 うす錆有 居合稽古による、ヒケ、 うす錆、所々有 ほぼキレイ      切先スレあり >研ぎ上げ済
     
    3
    要工作修理 巻きほつれ有 使用可能 使用感有 新工作
     2.5
     
    要工作修理 ひび割れ少 塗り少傷古作
    小へこみ有
    鯉口内少傷有 新工作済

    ■コメント

     関の孫六、三本杉と言えば誰もが知っている関の名工です。
    最上大業物として大変良く物切れするので、古来より名物も有り、名を馳せております。
     
    二十七代兼元は得印派の金子孫六家の嫡系、金子達一郎。
    号は孫六、大正十三年生れで岐阜県関市稲口住。昭和十二年に日本刀鍛錬所に入所し、渡辺兼永の門人となる。
     
    志津兼氏や孫六兼元の作風をねらった作を得意とし、数々の賞を受賞され、1980年に関市長表彰(産業功労)1997年に県重要無形文化財に指定され現代に美濃伝を継承する数少ない巧手として知られており大正13年1月生まれ、平成20年1月24日に83歳で没しております。
     
    さて、このお刀ですが居合の稽古に使われていたお刀です。
    居合特有のヒケ、傷や錆もみられますが、このままでも十分稽古は可能です。
    バランス的には先調子になります。振ったときに切先が大きく走り気持ちが良いです。
    特に深彫りではないのですが、重があるのでしっかり刃音が出ています。
    さらに、深彫りをかければ60gは重量を落として、さらに音圧を上げることも可能です。
    鍔も現状重いので透かしにすれば20gは落とせます。
    樋を掻き通しにすれば、バランスももう少し手元に寄せられます。
     
    中身は名刀です。
    初期投資を抑える為に現状で出品いたします。
    ※刀身は髪の毛1本ほど刃引きされています。
     
    刀身は元先差のついた、古風な姿に家伝の三本杉を匂い勝ちに品よく焼いて、切先に乱れて小丸に結んでいます。(切先写真ではあまり写りませんでした。)地肌は板目、峯と刃側は柾がかっています。
     
    現状は、引けスレ等多いのですが、研ぎを1度入れてもらえれば素晴らしい刀になるでしょう。また、拵えも昭和の金具や塗ですので、全て自分好みに作り替えるのも良いでしょう。
     
    工作希望の方には合計価格から特別割引させて頂きます。
    お気軽にご相談ください。
    ・柄工作1万円 ・鞘工作1万円・研ぎ2万円・
    全て工作すると計4万円を総額からお値引き致します。


     

     
     
     
     



     

     





















     
































     

     













     

    ※スペックについては手計の為、多少の誤差があります。

    ※元幅はハバキのすぐ上を計測、物打は切先から約20cmで計測しています。斬りについては体配についての評価です。刀の状態によっては試斬研ぎを必要とする場合があります。(別途相談)

    ※状態評価については店主の主観です。状態を保証するものではありません。
    ※鍔の変更による重心移動、樋の深彫による音の改善、重量軽減、柄の変更、鞘塗、鑑賞研ぎ、居合研ぎ、試斬抜刀研ぎ等、各種ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。