×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY
















 
HOME»  日本刀»  【販売済】刀 銘 兼長  古刀 【2尺4寸7分 鞘払983g・樋なし】 MK-27

【販売済】刀 銘 兼長  古刀 【2尺4寸7分 鞘払983g・樋なし】 MK-27

国・時代

室町末 美濃

スペック

刃長 74.8㎝(2尺4寸7分) 反り 2.0
1 刃文 小互ノ目
元幅 30.5㎜ 元重 6.5㎜
物打幅 24mm 物打重 5.5mm
横手幅 1.9 mm 横手重 4.5mm
裸身 723g 鞘払い 983g

備考:
柄 9寸1分 27.6㎝ 縁3.9㎝ 頭3.4㎝
付鍔 72g
付属:打ち刀拵え 
 

  

NEW

  • 【販売済】刀 銘 兼長  古刀 【2尺4寸7分 鞘払983g・樋なし】 MK-27

  • 販売価格

    0円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 状態評価 1 2 3 4 5
    重心 
    3.5
    先(切先) やや先 中間 やや手前 手前(鍔)
    斬り 
    2
    竹斬り 藁竹両様 藁斬り 藁良斬り 藁特良斬り
    刃音 
    1
    樋なし 音弱い 音並 音良い 音特良い
    鑑賞 
    2.5
    要鑑賞研ぎ ヒケ、傷、 うす錆有 鍛え跡あり ほぼキレイ      切先スレあり 研ぎ上げ済
     
    4
    要工作修理 巻きほつれ有 使用可能 使用感有
    新古未使用
    柄巻き新工作
     3.5
     
    要工作修理 ひび割れ少 塗り小傷
    小へこみ有
    鯉口内少傷有 新工作済

    ■コメント

    本作の兼長は美濃国に住して作刀した関七流の一つ三阿弥派の刀工で、永正頃に活躍した兼長と思われます。

    大振りな銘がシッカリと残る御刀であり。刀身は美術刀剣としても鑑賞に値する出来の刀です。
    付随する打刀拵は、長寸の柄(9寸)に鞘は螺鈿塗で良い雰囲気です。
    床の間や客間に飾っても気品があるので映えると思います。
    腰ぞりついて2尺4寸7分ありますので、古流居合の稽古にも良いでしょう。

    柄には再利用の痕跡が見られますが、ガタつきはなく、稽古にもそのまま使用可能です。
    内外揃って楽しめる一品です。

    現状では居合の稽古に使用した、スレ、ヒケが見られます。
    あえて、研ぎは入れずにお安く提供させて頂きます。
     
    さて、刀身ですが姿は元先差が付いて腰ぞりつき、匂いがちな小互の目が中切先にゆるみながら入って小丸に浅く帰っています。裏の切先は乱れて入り掃きかけて小丸返りです。

    写真では差し表は直刃ややのたれた感じに映っていますが刃中しっかり働いて金線砂流し等見られます。
    差し裏は物打ちに向かって派手になり、やはり金線砂流し、所によっては丁子交じり良く働いています。
    地金は板目肌鍛で、峯と刃よりが柾かかっています。

    本作は在銘ですが茎を擦り上げて仕立て直した跡があります。その為加州茎風になっているようです。
     
    各種工作、格安で承ります。
    ご相談ください。





     
     
     
     



     

     























     




































     











     

    ※スペックについては手計の為、多少の誤差があります。

    ※元幅はハバキのすぐ上を計測、物打は切先から約20cmで計測しています。斬りについては体配についての評価です。刀の状態によっては試斬研ぎを必要とする場合があります。(別途相談)

    ※状態評価については店主の主観です。状態を保証するものではありません。
    ※鍔の変更による重心移動、樋の深彫による音の改善、重量軽減、柄の変更、鞘塗、鑑賞研ぎ、居合研ぎ、試斬抜刀研ぎ等、各種ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。